高血圧についての基礎知識

スポンサードリンク

 

高血圧は日本人にとってとても身近な病気です。
しかし、あなたはその高血圧についてどのくらい知識を持っていますか?
そんな高血圧についての基礎知識を教えます。

高血圧,健康

 

高血圧は、血圧が通常よりも高い数値を出していると言う事になります。
血圧の平均値は4年ごとに改定されていますが、平均的な目標値は
130/85だと言われています。
これと比べて高い値だと、高血圧になってしまうかも知れません。

 

高血圧は、血圧を計ってみないと高血圧なのかどうか知る事が出来ません。
その為、日常生活で血圧を計らない人は、自分が低血圧なのか高血圧なのか知らない事も多いのではないでしょうか。

 

しかし、自覚症状の無い高血圧はとても危険です。
高血圧のままにして置くと、動脈硬化や脳卒中、心臓病になってしまう可能性があるのです。

 

また、高血圧の9割は原因が不明と言われています。
食生活、遺伝、生活習慣等、高血圧になる原因はいろいろとあるのです。
その為何が原因で高血圧になったか、いつから高血圧なのかを知る事は難しいでしょう。

 

日本人の40歳以上の半数が高血圧だと言われるほど、日本人にとって高血圧は
とても身近な病気なのです。

 

その原因として、日本人の食生活に有ります。
日本食は、塩分が多めに作られており高血圧になり易い食生活と言えるでしょう。
他にも原因は有りますが、やはり食事から高血圧になってしまう人は多いと言われています。

 

高血圧だと診断されたら、日常生活や食生活等に気を使って生活をしなければいけません。
血圧の薬を飲み続ける事も必要です。

 

高血圧を事前に予防する事は難しいでしょう。
しかし出来るだけ高血圧にならないような食生活、生活習慣を
送る事は難しい事ではありません。

 

健康的な食事と生活習慣を行い、高血圧を予防しましょう。

 

スポンサードリンク