高血圧の診断基準,軽度,中等症高血圧,重度高血圧について

高血圧の診断基準を知ってますか

スポンサードリンク

 

高血圧の診断基準は血圧です。
血圧が平常値よりも高ければ高血圧だと判断されるでしょう。

 

また、高血圧の中にも段階があります。

 

まず平均的な高血圧は上が139以下、下が89以下だと言われています。
この両方の範囲内であれば血圧値が平常だと判断されるでしょう。

 

 

次に、軽症高血圧です。
これは上が140から159の範囲、もしくは下が90から99の範囲内の場合に判断されます。

 

上もしくは下がどちらかに該当する場合、軽症高血圧と診断されるのです。

 

次は中等症高血圧です。
上が160から179、もしく下が100から109の間の場合になります。

 

最後に重度高血圧です。
これは上が180以上もしくは下が110以上の場合になる高血圧の事を言います。

 

しかし、高血圧は精神的や肉体的な影響を受けやすい物なのです。
精神的に興奮している場合や運動をした直度はどうしても高血圧だと判定され易いでしょう。

 

その為、一度の血圧測定で高血圧だと判断されても、高血圧だと完全に言う事は出来ません。
数日後に落ち着いた状態で再度血圧診断をして同じ様な結果が出た場合は高血圧だと判断される事になるのです。

 

高血圧の診断基準は血圧です。
血圧が平常値よりも高ければ高血圧だと判断されるでしょう。

 

また、高血圧の中にも段階があります。

 

まず平均的な高血圧は上が139以下、下が89以下だと言われています。
この両方の範囲内であれば血圧値が平常だと判断されるでしょう。

 

次に、軽症高血圧です。
これは上が140から159の範囲、もしくは下が90から99の範囲内の場合に判断されます。

 

上もしくは下がどちらかに該当する場合、軽症高血圧と診断されるのです。

 

次は中等症高血圧です。
上が160から179、もしく下が100から109の間の場合になります。

 

最後に重度高血圧です。
これは上が180以上もしくは下が110以上の場合になる高血圧の事を言います。

 

しかし、高血圧は精神的や肉体的な影響を受けやすい物なのです。
精神的に興奮している場合や運動をした直度はどうしても高血圧だと判定され易いでしょう。

 

その為、一度の血圧測定で高血圧だと判断されても、高血圧だと完全に言う事は出来ません。
数日後に落ち着いた状態で再度血圧診断をして同じ様な結果が出た場合は高血圧だと判断される事になるのです。

 

高血圧だと判断された場合は、高血圧の治療方法を行います。

 

体重が重い場合は理想体重になる様に減量をした方が良いでしょう。
体重が重い人は心臓に負担が掛かり、高血圧になり易いのです。

 

また、定期的な運動も高血圧改善には大切です。
ハードは運動は高血圧を悪化させる可能性がありますが、ウォーキング等の軽い運動をした方が良いでしょう。

 

禁煙、禁酒、減塩の生活も進められます。
禁酒はあくまで適量を守った上での禁酒程度ですが、やはりお酒は体に負担が掛かってしまうのです。

 

高血圧を改善する為には、生活習慣からの改善が大切なのです。

スポンサードリンク