お酒と高血圧の関係,アルコール,ビール,飲酒について

お酒と高血圧の関係/お酒を飲んでもいいの?

スポンサードリンク

高血圧になると、様々な改善方法を言い渡されるでしょう。
喫煙者は禁煙を、肥満傾向の有る方は適度なダイエットをと言われると思います。
また、お酒が好きな人は高血圧改善の為にお酒の量を減らした方が良いと言われているのです。

 

高血圧になると、アルコールの摂取制限をされる事が殆どです。
また、アルコールを摂取する人は高血圧になる確率が高いと言われているのです。

 

高血圧が気になる人は出来るだけアルコールの摂取を控えた方が良いでしょう。

 

アルコールは想像以上に心臓、血管、腎臓等に負担をかけてしまう物です。
お酒を飲むと、血管は収縮し、血圧が上昇してしまいます。
お酒を飲むと体が温まるのは、血圧が上昇しているせいなのです。

 

しかし、逆にお酒を飲む事で血管の拡張、血圧の低下に繋がる事もあると言われています。
その為、飲酒は適量のみなら良いと言われているのです。

 

お酒と血圧の研究結果によると、夜間の飲酒は血圧が低くなると言われています。
逆に朝から昼にかけて飲酒をすると血圧が高くなるという研究があるのです。
また、飲酒時と禁酒時の血圧を比べると特に血圧に変化がないという研究もあります。

 

実は、飲酒は血圧にそこまで影響を与えていない物なのかも知れません。

 

血圧に直接関係はないかもしれませんが、体内器官に負担をかけている事は明白です。
その為、高血圧の方は一日の適量を守った飲酒が良いと言われています。

 

適量とは、男性は130mm、女性はその半分の65mm程度です。
アルコール換算すると、日本酒一合、生ビールジョッキ一杯分という計算になります。
適量を守った飲酒ならば、高血圧の方も心配はいらないでしょう。

 

しかし、お酒を飲むときは高カロリーなおつまみを一緒に取る事が多いですよね。
おつまみのせいで高血圧を悪化させないように気を付けましょう。

スポンサードリンク