高血圧に効果的な料理,食事,塩分,改善

高血圧に効果的な料理

スポンサードリンク

高血圧になると、まず言い渡されるのが食生活の改善だと思います。
食生活によって高血圧になる人は多いため、食生活から高血圧を改善する事が一番良いと言われているのでしょう。
しかし、日本人は食事のせいで高血圧になり易いと言われているのです。

 

高血圧になると、塩分を控える様に、と言い渡される事が多いでしょう。
塩分をたくさん摂る事で、高血圧になる人はとても多いのです。

 

日本人は、和食のせいで塩分過多になり易いと言われています。
白米を美味しく食べる為に、塩分の多く含んだおかずやお味噌汁を摂取するからなのではないでしょうか。

 

通常の成人であれば、一日の塩分摂取量は10g以下が理想だと言われています。
高血圧であれば、それよりも低く6g程度が良いでしょう。

 

しかし、日本人の平均の塩分摂取量は一日13gだと言われています。
これでは塩分過多で、高血圧になる人がどんどん増えてしまうでしょう。

 

日本食は、塩分はもちろんお味噌や醤油等からも塩分を取る事になるでしょう。
その為に、塩分を摂り過ぎてしまうのです。

 

塩分を控えめに、高血圧を改善する為に良い食品は大豆製品の取入れだと言われています。

 

例えば、出来るだけお豆腐を食べる様にする、お肉では無く魚に変えるという食生活を取るだけでも塩分減少に繋がります。

 

また、野菜を食べる事も良いでしょう。
出来るだけサラダ等にして塩分を含まない、そのままの味で食べる事で、高血圧改善に良い栄養も補給する事が出来ます。

 

日本食は塩分過多になり易いと言われていますが、塩分に気を使った和食は高血圧改善にとても良いメニューです。
例えばお漬物、お味噌汁等は控えめにする、味の濃いおかずを食べない等努力をする事で、適性な塩分を摂る事が出来ます。

スポンサードリンク