妊娠高血圧症候群,妊婦,胎児,初期について

妊娠高血圧症候群について

スポンサードリンク

妊娠高血圧症と言う物をご存じでしょうか。
妊婦は高血圧になり易いのもなのです。
妊娠8か月以上の妊婦は、1割の確率で妊娠高血圧症になると言われています。

 

妊娠高血圧症になりやすいのは妊娠8か月以上、後期に入った妊婦ですが、稀に妊娠中期から妊娠高血圧症になる方もいます。
中期から妊娠高血圧症になると、その後高血圧が悪化しやすくなり、母子ともに危険な状態になる可能性があります。

 

昔は妊娠高血圧症はあくまでつわりの一種だと言われていました。
しかし、現在はつわりとは関係のない全くの別物だと言われているのです。

 

妊娠高血圧症の主な症状は体のむくみ、高血圧、そして尿たんぱくです。

 

妊娠中は、どうしても体がむくみやすい時期だと思います。
食べたいものが食べられない、運動もなかなか出来ない状態なので仕方がないでしょう。

 

しかし、むくみが続きなかなか体のむくみが取れない状態が続くと今後妊娠高血圧症になる可能性が高くなると言う事なのです。

 

高血圧も同じです。
妊娠中は、胎児に栄養を送るため普段よりも血圧が高めになると言われています。

 

その為、妊娠高血圧症と判断される高血圧は上140下90以上の場合の事を言います。
妊娠中は、定期的に血圧を測定した方が良いでしょう。

 

最後に尿たんぱくです。
尿は正常であればタンパク質が出る事はありません。
しかし、妊娠中は腎臓の機能が低下する事が多く、尿にタンパク質が漏れてしまう事もあるのです。

 

これらの現象が重なると、妊娠高血圧症となるでしょう。

 

妊娠高血圧症の原因は、はっきりとわかっていない事が多いでしょう。
妊娠によって体の性質や機能が変化する事は多いのです。
また、妊娠高血圧症は妊娠中毒の一つだとも言われています。

 

しかし、妊娠初期の時期に上手く体が対応できずにそのしわ寄せが妊娠後半に出てきて妊娠高血圧症になると言われているのです。

スポンサードリンク