拡張期高血圧,心臓,動脈硬化,禁煙について

拡張期高血圧について

スポンサードリンク

拡張期高血圧と言う言葉をご存じでしょうか。
拡張期とは、血圧の下の値の事を言います。
下の値が高血圧の事を、拡張期高血圧と言うのです。

 

血圧には上の値と下の値があるのは知っていますよね。
高血圧と判断するには、どちらかの値がボーダーラインを越えた場合を言います。

 

その、下の値が高血圧だと判断された場合は拡張期高血圧と言うのです。

 

拡張期は、本来であれば一番心臓に負荷が掛かっていない物なのです。
その為基本的に低い値になっているのでしょう。

 

しかし、その拡張期の血圧が高いと言う事は、今後上の血圧も悪化する可能性があります。
拡張期高血圧であれば、今後更に、上の値も高血圧になってしまう可能性が高い状態なのです。

 

また、上の血圧が高血圧になると下の血圧は低下すると言われています。
今まで付加が掛かっていた部分が上の値の部分に移動するからでしょう。

 

下の血圧値が正常に戻る事は決して良い事だけでは有りません。

 

上の血圧が上昇しているのに下の拡張期が平常値まで下がると言う事は、上と下の血圧の差が激しいと言う事になってしまうでしょう。
そうなると、体や心臓、脈に更に負担が掛かってしまうのです。
こうなると、動脈硬化という可能性が高まり、更に心筋梗塞や脳卒中になる確率も上がってしまうのです。

 

拡張期高血圧と判断された場合は、すぐに治療をする必要はありません。
あくまで高血圧の初期段階と判断されるからでしょう。

 

しかし、初期段階と言う事はこれ以上血圧が上昇しないように気を付けなければいけない段階なのです。

 

出来るだけ日常生活を見直し、食生活をただし、ストレスのたまらない生活を心掛けましょう。
禁煙をする、お酒の量を減らす、肥満を解消する等をすれば、拡張期高血圧も改善出来るのではないでしょうか。

スポンサードリンク