下の血圧が高い方の原因と下げる対策,拡張期高血圧,カリウム

下の血圧が高い方の原因と下げる対策

スポンサードリンク

血圧には、下の値と上の値がありますよね。
その下の値だけ高い事を、拡張期高血圧と言います。
下の値だけ高いのは何が原因で、どうすれば改善出来るのでしょうか。

 

まず、高血圧というのはまだ医学的に証明されていない事が多い病気です。
その為、下の血圧だけ高いと言われても何故そうなったのか原因を知る事は難しいと言われています。

 

しかし、下の値が高いと言う事は、高血圧の初期症状であり、今後上の値も上昇する可能性があると言う事なのです。
今後の事も考えて、下が高血圧の場合は上が上昇しないように改善策を練りましょう。

 

下の値が高ければ次第に上の値が上がってくるでしょう。
上の値があがれば下の値が下がり、そこから血圧の開きが大きくなり他の病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

簡単にできる対処方法としては、やはり食生活の改善方法が良いのではないでしょうか。
下の血圧を下げる為には、中性脂肪食品、高コレステロール食品は食べない方が良いと言われています。

 

例えば動物性脂肪の多い肉類やバター等です。
体に負担を掛ける食品の摂取はやめましょう。

 

逆に良い食品は、きのこ類や食物繊維の多い野菜と言われています。
体に優しく低コレステロールの食品を選んで食べる様にしましょう。

 

また、カリウムを摂取する事で塩分を腎臓から排出する事が出来ると言われています。

 

カリウムを多く含んだ食品は、白菜、ホウレンソウ、枝豆やナス等です。
さといもやさつまいもなどの穀物類にも含まれています。

 

これらの食品を意識的に摂る事で、拡張期高血圧を改善する事が出来るかもしれません。

 

下の値が高くても、余り不安に思う人は少ないでしょう。
しかし、下の値が高いと言う事は今後高血圧が悪化する可能性が高いという事なのです。
気を付けて、改善して行きましょう。

スポンサードリンク