腰痛いすの選び方と改善,背骨,緩和について

腰痛にやさしい、いすの選び方

スポンサードリンク

すわり仕事の人は、若い世代でも腰痛に悩む人が多いのではないでしょうか。
そこで、椅子に気を使う事をお奨めします。
椅子を変えるだけでもずいぶんと腰痛を緩和する事が出来るのではないでしょうか。

 

腰痛改善の為の椅子選びはとても大切です。
椅子の硬さは、硬すぎても柔らかすぎてもいけないと言われているのです。
また、腰痛に良い硬さというのは個人によって違います。

 

人によって体重が違いますよね。程よい硬さというのは変わってくるのでしょう。
その為、椅子を購入する時は実際に座ってみる事が一番大切だと言われています。

 

腰痛の一番の原因は、背骨だと言われています。
その為、背もたれやリクライニングもとても大切なのです。

 

リクライニングを使った時にあまりに背もたれにもたれかかるような姿勢になってもいけないでしょう。
体重をかけ過ぎず、適度に楽な姿勢を維持する事が出来る椅子選びも大切だと言われています。

 

基本的に、ずっと同じ姿勢でいるとどうしても腰痛になり易くなってしまうでしょう。
その為、腰痛改善には小まめに姿勢を変える事が大切だと言われています。

 

パソコン作業等をしているときはピンと背中を伸ばしておいた方が良いですが、休憩の時等はリクライニングや背もたれを頼りましょう。
その際に、快適に休む事が出来る角度が大切となってくるのです。

 

また、最近は骨盤を立てる機能が付いた椅子も販売されています。
バランスチェアや座面に置くクッションなどを利用する事により、しっかりとした姿勢を維持する事が出来るのでしょう。

 

腰痛緩和の椅子選びで一番大切なのは、居心地です。
立った状態と座った状態で、呼吸が変わらない椅子が一番座り易いと言えるのです。

 

椅子を購入する時は、立ったまま深呼吸をし、その後座ってから同じ様に深呼吸をして見ましょう。
呼吸に変化が無ければ、良い椅子と言う事なのです。

スポンサードリンク