腰痛の種類と症状、ヘルニア腰痛対策について

腰痛の種類と症状、腰痛対策

スポンサードリンク

腰痛は、おおきく分けて3つの原因と症状があります。
それらを理解しておけば、自分の腰痛の原因を知る事が出来、対策をする事が出来るでしょう。
腰痛になった時は、まずは自分の腰痛の種類を知る事が大切です。

 

腰痛は、腰に掛かる負担が腰の強度を超えたもの、腰そのものに何かしらの異常が起きた場合、そして、腰以外が原因で腰にも影響が起きたものがあります。

 

まずは、腰への負担です。
腰の筋肉痛等が起きてしまうと、腰に通常以上に負担が掛かり腰痛が発生してしまうでしょう。
慢性的な腰痛も、日常生活の腰への負担の蓄積で痛みを感じると言われています。
また、よくあるぎっくり腰も些細なきっかけで起きてしまうでしょう。

 

次に、腰そのものの異常です。
椎間板ヘルニア、坐骨神経痛等は、腰や骨格自体に影響がある腰痛と言われています。

 

最後に腰以外が原因の腰痛です。
精神的な病気や内臓疾患、そして婦人系の病気になると、腰にまで痛みを感じてしまう場合があるのです。

 

腰以外の物が原因で腰痛を感じた場合は、その病気を改善する事で腰痛も改善する事が出来るでしょう。

 

逆に、腰に負担が掛かったせいや、腰そのものの異常のせいで腰痛が起きた場合は様々な治療方法があります。
毎日のストレッチやマッサージ、ハリやお灸等で腰痛が改善する事はあるでしょう。
また、普段から腰を労わる生活をするだけでも、随分腰痛が楽になる事が多いとも言われています。

 

腰痛は、慢性的な物になればなるほどどんどん改善しにくくなってしまうのです。
その為、腰痛を感じた初期状態のうちから、腰に負担の掛からない生活を行ってみてはどうでしょうか。

 

すわり仕事が多い場合、重い物を持つ作業が多い場合など、腰に負担が掛かる生活をやめる事が一番の腰痛対策なのです。

スポンサードリンク