腰痛を寝方で改善する方法

腰痛を寝方で改善

スポンサードリンク

眠る姿勢を正すだけで、腰痛が緩和されると言われています。
睡眠は、とても長い時間かかりますよね。
無意識に腰に悪い姿勢を取っている可能性もあるのです。

 

日常生活で腰に負担が掛かる事をしていなくても、腰痛になってしまう人がいます。
それは、眠っている姿勢が原因かも知れないのです。
睡眠中の姿勢が悪いだけでも、腰にかなりの負担が掛かってしまう物でしょう。

 

一番良い姿勢は、背骨を緩やかに、S字を保つ様な姿勢だと言われています。
また、腰の痛みを緩和する為には仰向けで眠る事が良いと言われています。
うつ伏せの姿勢では、腰椎のせいで腰に負担が掛かってしまうと言われているのです。

 

仰向けの姿勢が慣れないようであれば、横向きで眠っても良いかも知れませんね。

 

快適な睡眠の為には、まくらも大切です。
枕は、高すぎても低すぎても姿勢に影響してくるのです。

 

まくらが高すぎると、不自然な背骨の位置になってしまい腰に負担が掛かってしまうでしょう。
逆にまくらが低い場合は、首や肩に負担が掛かり、凝り易くなると言われています。
その為、自分の頭の高さにあったまくらを選びましょう。

 

まくらは使っていくうちにどんどん低くなってしまいます。
へたった枕を使い続けていると、どんどん悪い状態になってしまいますよね。
その為、高さももちろんですがまくらの中の素材にもこだわって見ては如何でしょうか。

 

人は、睡眠中に無意識に自分が楽だと思う姿勢になると言われています。
その為、まくらが首に合っていないと朝起きてからまくらの上で寝ていないと言う事があるのです。
もし、朝起きてまくらがずれている様であれば、自分に合わないまくらと言う事になりますよね。

 

腰痛緩和の為に、睡眠中の姿勢とまくらはとても大切なのです。

スポンサードリンク