坐骨神経痛の主な症状と原因について

坐骨神経痛の主な症状と原因

スポンサードリンク

坐骨神経痛と言う症状をご存じでしょうか。
坐骨神経痛は、さまざまな事が原因で起こる体の痛みなのです。
腰痛が原因で起きる事があるとも言われています。

 

坐骨神経は、末梢神経の一つです。
神経の中でも、太くて長い神経だと言われています。
歩いたり走ったり、様々なバランスを取るために大切な神経なのです。

 

坐骨神経痛には、いくつかの種類があります。

 

まずは、根性坐骨神経痛です。
根性坐骨神経痛は、坐骨神経の付け根が圧迫された痛みによる神経痛です。
筋肉や靭帯等、さまざまな部位に異常があり神経を圧迫してしまうのでしょう。

 

根性坐骨神経痛の原因は、椎間板ヘルニア等の後遺症が多いとも言われているのです。

 

次に、梨状筋性坐骨神経痛です。
梨状筋性坐骨神経痛は、臀部にある筋肉が収縮、緊張する事により坐骨神経を圧迫してしまう坐骨神経痛の種類です。

 

立ち仕事等物理的な刺激が影響でなる事が多いでしょう。
簡単なきっかけで大きる症状であり、治り易い物だとも言われています。

 

症候性坐骨神経痛は、坐骨神経痛のなかでも原因が分かりにくい物だと言われています。
坐骨神経痛の症状は出ているのに何が原因か分からない場合は、症候性坐骨神経痛と言われる事が多いでしょう。

 

一番多いのは、お尻部分の筋肉が固くなっている状態です。
原因も分かりにくいので、対処方法も難しいと言われています。

 

この様に、坐骨神経痛の種類はいくつかあり、原因もいろいろあると言われています。
椎間板ヘルニアによって、日常生活によって、本当に些細なきっかけで坐骨神経痛になってしまう事もあるでしょう。

 

お年寄りは勿論、若い人でもなる可能性があるのが、坐骨神経痛の怖い所なのです。
日頃から、日常生活で予防をしていきましょう。

スポンサードリンク