ホットミルク健康法

ホットミルク健康法

スポンサードリンク

ミルクを温めた物が、ホットミルクです。
ホットミルクは、体を温め安眠効果を得る事が出来る飲み物です。
具体的には、どのような成分が安眠に良いのでしょうか。

 

食品の中には、過熱をする事で栄養が失われるものもあります。
ミルクも、温める事でビタミンが若干減るみたいですね。
しかし、その程度であれば栄養面での問題は特にありません。

 

冷たい牛乳の方が、ホットミルクよりも栄養価が高いと言う訳では無いのです。
特に、ホットミルクを飲むときは砂糖を混ぜて飲む人が多いですよね。
砂糖を加える事で、更に栄養を補う事が出来るようになるのです。

 

ホットミルクを飲むと、まず、その成分によって安眠効果を得る事が出来ます。
ミルクには、カルシウムを始め、ビタミンB12、トリプトファンが含まれているのです。

 

カルシウムを摂取する事で、リラックス効果を得る事が出来ます。
ビタミンB12には、自律神経を整える効果が有るのです。
最後にトリプトファンはを摂る事で、催眠ホルモンを分解し自然な眠気を促す効果が
あるのです。

 

生活リズムが狂ってしまいなかなか眠れない人や、興奮してしまって眠りに付けない人に良いのです。

 

また、ホットミルクにはプラシーボ効果があります。
ホットミルクは安眠効果がある、というのは有名な事ですよね。
まるで睡眠薬を飲んだ感覚に陥る事が出来るのです。

 

プラシーボ効果は、偽薬の様な役割です。
薬を飲まなくても、ホットミルクを飲む事で安眠できるような気分になる事が出来ます。

 

最後に、体温上昇効果です。
体温が温まれば、その分眠気を起こす事が出来ますよね。
睡眠一時間前にホットミルクを飲む様にすれば、体がちょうど良い具合に温まり、高い安眠効果を実感することが出来ると言われているのです。

スポンサードリンク