椎間板ヘルニアの原因と治療,痛みについて

椎間板ヘルニアの原因を探る

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアになった場合は、まずは原因を知る事が大切です。
椎間板ヘルニアになった原因を継続していると、やはり悪化してしまうでしょう。
治せる原因もありますが、治せない原因もあるのです。

 

まずは、日常生活の動作です。
日常生活で腰を良く使う生活をしていると、椎間板ヘルニアになってしまう可能性があります。
といっても、普通に生活をしているだけでは椎間板ヘルニアになる事はありませんよね。

 

例えば、中腰で重い物を持つと、普段以上に腰に負担が掛かってしまうでしょう。
ゴルフ、テニス等の運動をすると、腰を強くひねる事がありますよね。
また、日常生活で長時間座っていたり運転をしていても、腰に負担が掛かってしまうでしょう。

 

この様に、背骨に負担が掛かる事を継続して行っていると、椎間板ヘルニアになる可能性があるのです。

 

また、椎間板と言う部位は年齢とともにどんどん弱まっていきます。
椎間板の老化や骨の廊下が椎間板ヘルニアの原因になる事もあるのです。

 

20歳を過ぎると、椎間板はどんどん弾力性が無くなっていきます。
その為、些細な衝撃でも耐える事が出来ない場合や、痛みを感じてしまい易くなってしまうのでしょう。
これに日常生活での動作が加わると、更に椎間板ヘルニアになる可能性が高まってしまうのです。

 

もちろん骨も年齢と共にどんどん老化してしまいます。
年齢だけではなく、カルシウム不足でも骨は老化してしまうでしょう。

 

骨が弱まっていると、ちょっとした衝撃で骨が欠けてしまう可能性もあるのです。
そのせいで、椎間板部分が衝撃を受けやすくなって椎間板ヘルニアになってしまうのではないでしょうか。

 

年齢の問題は勿論ですが、カルシウムが不足していると若い人でも骨が原因で椎間板ヘルニアになってしまうのです。

スポンサードリンク