椎間板ヘルニアの治療法と手術,レーザー治療,ラブ治療.,内視鏡視下手術について

椎間板ヘルニアの治療法

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアの治療は難しいと言われています。
なぜなら、一度潰れてしまった椎間板が完全に治るのはとても難しい事だからです。
しかし、しっかりと治療をする事で症状が回復する事はあると言われています。

 

椎間板ヘルニアの多くは、半年以内で自然治癒する人が多いと言われています。
もちろん、日常生活で椎間板ヘルニアになった原因を取り除いたり、出来るだけ腰に優しい生活を送る事が大切でしょう。
骨が弱まっているのならば、カルシウムをしっかりと摂る事も大切です。
それでも十分、椎間板ヘルニア改善に良いと言われているのです。

 

また、病院治療でもマッサージや薬の処方で椎間板ヘルニアの痛みを軽減する物が多いと言われています。
椎間板ヘルニアに対して、直接的な治療は余り行わないのでしょう。

 

なぜかと言うと、人間が持つ自然治癒能力は素晴らしいからです。
椎間板ヘルニアの状態が自然になってくると、背骨の形が変化して安定した形になると言われてます。
その為、痛みを感じにくくなっていくのでしょう。

 

他にも、自然治癒のお蔭でヘルニア部分の痛みが感じにくくなる、痛みに対しての痛覚が鈍くなっていく等があります。

 

その為椎間板ヘルニアになってから悪化する生活を行わなければ、椎間板ヘルニアは治る可能性も高いのです。

 

しかし、中には椎間板ヘルニアで手術をする人もいるのです。
病院で行われている保存的治療で椎間板ヘルニアの回復が見込めない方や、椎間板ヘルニアを早く治したい方等は手術を進められる事があるでしょう。

 

椎間板ヘルニアの手術は、レーザー治療、ラブ治療、内視鏡視下手術等があります。
それそれにメリットデメリットがありますし、病院によっても手術内容が違うでしょう。
椎間板ヘルニアの手術をする時は、それぞれの特性を知ってから決めて下さい。

スポンサードリンク