椎間板ヘルニア,腰痛をストレッチで解消,緩和

椎間板ヘルニアをストレッチで解消

スポンサードリンク

椎間板ヘルニアは、自宅で出来る簡単な方法で緩和させる事が出来ます。
その中でも一番実践しやすいのが、ストレッチなのではないでしょうか。
コツをつかんでストレッチをするだけで、椎間板ヘルニアの症状を抑える事が出来るかも知れません。

 

まず、腰痛の為にストレッチを行うときは、気分がリラックスしているときに行いましょう。
全身の力を抜いて、リラックスした状態でなければ十分なストレッチ効果を実感する事が出来ません。
出来れば、お風呂上りなどが最適なのではないでしょうか。

 

また、ストレッチは痛みを感じるまでやる必要がありません。
伸ばしていて気持ちが良いと思う部分まで、筋肉を伸ばす事が大切なのです。
無理なストレッチで体を壊してしまう人も中には居るのです。

 

そして、椎間板ヘルニアのストレッチは腰以外の部分から初めて見ると良いでしょう。
体の腰以外の部位から動かしはじめ、徐々に腰もストレッチをしていく物なのです。

 

椎間板ヘルニア改善ストレッチで大切な事は、腰回りを中心に行う事では有りません。
落ち着いた状態で、体全体を温める様な気持ちで行う事が、効果を発揮させるポイントだと言われています。

 

反動や弾みを付けずにウド化しましょう。
2,30秒程度、ゆっくりと動かしていきましょう。
筋肉を戻す時も、出来るだけゆっくりと動かすと良いと言われています。

 

腰部分ももちろん動かしますが、腰だけを重点的に行う事は間違っています。
椎間板ヘルニア用のストレッチであれば、足から初めてお尻、肩、背中、首と全体を動かしてから腰をゆっくりとひねったり回したりすると良いでしょう。

 

ストレッチで大切なのは、動作ではなくあくまで全体を伸ばして体を温める事なのです。

スポンサードリンク