筋肉を鍛えて腰痛予防と緩和,下半身,ダイエットについて

筋肉を鍛えて腰痛予防

スポンサードリンク

筋肉トレーニングをして、腰痛を緩和してみませんか。
体の筋肉が弱まっているから、腰を支える事が出来ずに腰痛になってしまう事はとても多いのです。
筋トレをする事で、腰痛を緩和する事が出来るかも知れません。

 

腰痛緩和の為に大切なのは、腰の筋トレではありません。
そもそも腰部分は筋トレをしようにもなかなか鍛える事が難しい部位でしょう。

 

腰痛緩和の為に大切なのは、下半身の筋トレです。
下半身は、腰を支える為にとても大切な部位なのです。
下半身がしっかりとしていれば、腰を支える事が出来、腰痛も軽減する事が出来るでしょう。

 

特に大切なのは太股だと言われています。
太股の筋トレをする事で、腰痛を和らげることが出来ると言われているのです。

 

自宅でも簡単にできる筋トレが両足を交互に挙げる事です。

 

まずは、両足を軽く開いて立ちましょう。
その後は、左右交互に足を高く挙げるのです。
横から見た時に、足の角度がちょうど90度になるくらいしっかりと挙げる事が大切です。

 

これは、あくまで歩きながらではなく同じ位置で上げ下げをする事が大切です。
最初のうちから何度もやる必要はありません。
過度の筋トレは、逆に体を痛めてしまう可能性があるのです。

 

もちろんウォーキングをしながら沢山足を挙げる事も良くないでしょう。
逆に足を痛めてしまい、腰痛ではなく違う体の痛みを感じる事があるのです。

 

もし、両足の上げ下げに慣れてきたらどんどんテンポを早くして行きましょう。
速いテンポで上げ下げ出来るようになれば、随分と筋肉が付いてきたと言う事になります。

 

運動不足も解消する事が出来ますし、ダイエットにも効果を発揮してくれるでしょう。

 

簡単に出来る筋トレなので、初めて見ては如何でしょうか。

スポンサードリンク